喘息(ぜんそく)治療 内科|浦安サンクリニック

内科

  1. 浦安サンクリニックTOP >
  2. 診療科目 >
  3. 内科 > 喘息(ぜんそく)治療

喘息(ぜんそく)治療

喘息(ぜんそく)の主な症状 喘息の主な症状には、咳・たん・喘鳴(呼吸をする際にヒューヒュー等の音を伴う)、呼吸困難(息苦しさ)、などがあります。
これらの症状は、気管支などの肺までの空気の通り道(気道)が炎症することでおこります。

喘息の患者さんは健康な人と比べると、ホコリ・冷たい空気・タバコの煙・臭いなどの刺激に敏感に反応して気道が狭くなり、その結果、激しい咳などを伴う発作を起こしてしまいます。
重症化してしまうと、夜間や明け方にひどい咳や呼吸困難を起こし睡眠の妨げになるなど、快適な日常生活を送る上での障害にもなります。

喘息の今の状況を把握する検査がございますので、そちらの検査結果をもとに治療方針を立てて症状の安定化を図ります。
喘息の治療は、お薬で気道の炎症を抑えるようにコントロールし、このような発作が起こりにくくすることを目的に行います。

こんな症状ありませんか? ・ 咳が出る
・ むねが圧迫される感じがする
・ 呼吸が苦しくなる
・ 喘鳴がする(呼吸時にゼーゼー・ヒューヒューと音がする)
・ 喉(のど)がイガイガする
・ 痰(たん)が出る
・ ちょっとした刺激で咳が出る(臭い・ホコリ・冷たい空気・大声で話したり笑う・煙草の煙・運動 など)
・ ストレス・疲れがあると上記の症状が出る
・ 風邪をひきやすく、重症化しやすい
・ 朝方、夜間に症状が出てよく眠れない

上記の症状でお悩みの方は、お気軽に医師にご相談ください。
※喘息(ぜんそく)外来は 日曜日(担当医師:平原)です。
詳しくは診療スケジュールをご覧ください。

当クリニックでの治療

早期に治療を開始し、症状が無いときも治療を続けることが大事

喘息の患者さんは咳や痰などの症状が無いときも気道が炎症しています。
治療を開始して症状が軽くなると、自己判断で治療を中断してしまいたくなりますが、炎症のコントロールがおろそかになり急な発作が起きてしまったり、更に重症化してしまうこともあります。
また、炎症を放置すると気道が狭くなったままになってしまうため、早期に治療を開始することが重要となります。

喘息の治療は自分の症状・状態を知り(※1)、適切な方法で継続的に行うことが重要です。
喘息発作の起きない生活を目指すために、ご自身の症状を何でも医師にご相談ください。

(※1:肺気量分画測定とフローボリュームカーブという検査を、肺活量を調べる機器を使用して行います。)

喘息外来 医師のご紹介

平原 潔

お知らせ ご来院時には、必ず保険証をお持ち下さい。
当クリニックでは、お客様からお預かりした個人情報を、お客様の同意なしに第三者に売却・貸与する事は一切ございません。また、お客様からお預かりした個人情報が第三者に流出する事のないよう最大限の予防策を取り、厳重保持に努めております。
問診票ダウンロード 1.初診の方、または3年以上ご来院のない患者様へ こちらの診療申込書をダウンロード後に印刷・ご記入のうえ、ご来院時にご持参くださいますと、受付時間が短縮されスムーズにご案内ができます。どうぞご利用くださいませ。

内科診療申込書 ダウンロードはこちら

2.禁煙外来ご利用の方へ 禁煙治療をご希望の方につきましては、完全予約制のため、お電話(047-380-5677)にてご予約ください。
医療法人社団 禎心会 浦安サンクリニック

ご不明な点などございましたら、下記までお問い合わせください。
千葉県浦安市北栄1-16-17 原勝ビル4階
医療法人社団 禎心会
浦安サンクリニック受付
TEL.047-380-5677

内科のTOPに戻る

診療科目TOPへ戻る

内科・お問合わせ

047-380-5677

※時間予約制ではありません
直接診療時間内にお越しください

内科・診療予定表

診療時間
10:00
-
13:00
15:00
-
19:00

休診
水曜日・祝日・※日曜不定休
日曜日は不定休のため、担当医予定表をご確認ください

診療科目

内科内科 整形外科整形外科 皮膚科皮膚科 美容皮膚科美容皮膚科 リハビリテーション科リハビリテーション科

内科のご案内

対応疾患 その他の診療科目
ℂ 2019 Urayasu Sun Clinic プライバシーポリシー