ダイエット 美容皮膚科|浦安サンクリニック

美容皮膚科

  1. 浦安サンクリニックTOP >
  2. 診療科目 >
  3. 美容皮膚科 > ダイエット

ダイエット

運動・食事療法と併用することで効果的です

痩身薬を服用する際は、必ず食事療法と運動療法を併用することが大切です。食事療法と運動療法を組み合わせないと、薬をやめると同時に食欲が元に戻るなどリバウンドにより体重が戻ることがあります。

内服

ゼニカル(脂肪吸収阻止剤)

消化管に作用することで、脂肪の吸収をブロックして食べたものの脂肪分を全て便として体外へ排泄してしまいます。詳しくはこちら

サノレックス(食欲抑制剤)

1日1回の服用で直接脳の食欲中枢に作用して食欲を抑える薬です。詳しくはこちら

ビフィスリム(ビフィズス菌)

スリムビフィは、肥満を促進させる物質を腸でブロックする新しいダイエット法です。詳しくはこちら

筋肉運動(EMS)

代謝を上げて、肥満体質の改善に。運動が苦手な方、負担となる方におすすめです

電気の刺激を運動神経に与えることで、通常の運動よりも効率よく筋肉を鍛えることができる新しい運動法です。詳しくはこちら

注射

食欲抑制剤サクセンダ

「やせるホルモン」ともいわれるGLPー1を注射。1日1回の注射で食欲を抑え、体重の減少につながります。詳しくはこちら

医療法人社団 禎心会 浦安サンクリニック

ご不明な点などございましたら、下記までお問い合わせください。
千葉県浦安市北栄1-16-17 原勝ビル5階
医療法人社団 禎心会
浦安サンクリニック 美容皮膚科受付
TEL.0120-22-5621

美容皮膚科のTOPに戻る

診療科目TOPへ戻る

ℂ 2019 Urayasu Sun Clinic プライバシーポリシー