浦安サンクリニックTOP > 診療科案内 > 内科のご案内 > 睡眠時無呼吸症候群・いびき
内科

睡眠時無呼吸症候群・いびき

睡眠時の呼吸に伴う雑音のことを、「いびき」といいます。 睡眠中は全身の筋肉が緩み、舌を含むのどの周りの筋肉も緩みます。 睡眠時に筋肉が緩むことで、気道がより狭くなり、そこに空気が通ると周囲の組織が振動していびきが起こります。 「いびき」をかく人は、約7割いると言われています。 健康上、注意をしなければならないいびきは睡眠時の無呼吸を伴ういびきです。

睡眠時無呼吸を伴ういびき

常時いびきがあり、他人から指摘されるほどの騒音このような症状のある方は 睡眠時無呼吸症候群の可能性があります。「睡眠時の無呼吸」は放置すると悪化し、様々な重病を合併し、
交通事故を起こしやすくなるなど、生存率(つまり寿命)にも関係すると
言われています。

睡眠時無呼吸症候群とは

SAS(Sleep Apnea Syndrome)とは、睡眠時に無呼吸状態になる病気です。 「無呼吸」とは 「10秒以上の呼吸停止の状態」 と定義されており、この無呼吸が1時間に5回以上または7時間の睡眠中に30回以上ある場合、睡眠時無呼吸症候群と診断されます。

睡眠時無呼吸症候群の主な症状

睡眠時無呼吸症候群の代表的な症状

眠っているとき いびきをかく
息が止まる
呼吸が乱れる
息が苦しくて目が覚める
なんども目を覚まし、トイレに行く
起床時 熟睡感がない(寝足りない)
眠気や疲労感がある
口の渇きを感じる
日中、起きているとき しばしば居眠りをする
記憶力や集中力が低下する
性欲がなくなる
性格が変化する
体を動かすときに息切れするとき

診断と治療について

「簡易睡眠検査」と呼ばれる睡眠時無呼吸症候群の検査を実施し、睡眠時の呼吸運動や換気の様子、いびきなどを記録します。
この簡易睡眠検査結果と診察により医師が診断し、患者さまの症状に合わせた治療を行います。

睡眠時無呼吸症候群を治療すると、日中の眠気や倦怠感などの症状だけでなく、睡眠時無呼吸症候群による合併症を予防したり改善することが可能です。

※睡眠時無呼吸症候群は、患者さまの生活習慣が深く関わることが多く、単に薬を服用するだけで治療できるものではありません。 睡眠時無呼吸症候群の重症度や症状に応じた治療をご提案いたします。


CPAP治療(保険適用)について

「Continuous Positive Airway Pressure」の頭文字をとって、「CPAP(シーパップ)療法:経鼻的持続陽圧呼吸療法」と呼びます。 閉塞性睡眠時無呼吸タイプに有効な治療方法として日本国内で最も普及している治療方法です。 CPAP療法の原理は、寝ている間の無呼吸を防ぐために気道に空気を送り続けて気道を開いておくことで無呼吸状態とさせないというものです。 当院では、CPAP治療を実施しておりますので、気になる症状がございましたら、お気軽にご相談ください。

 

お知らせ
  • ご来院時には、必ず保険証をお持ち下さい。
  • 当クリニックでは、お客様からお預かりした個人情報を、お客様の同意なしに第三者に売却・貸与する事は一切ございません。また、お客様からお預かりした個人情報が第三者に流出する事のないよう最大限の予防策を取り、厳重保持に努めております。


初診の方、または3年以上ご来院のない患者様へ

こちらの診療申込書をダウンロード後に印刷・ご記入のうえ、ご来院時にご持参くださいますと、受付時間が短縮されスムーズにご案内ができます。どうぞご利用くださいませ。

内科診療申込書 ダウンロードはこちら

禁煙外来ご利用の方へ

禁煙治療をご希望の方につきましては、完全予約制のため、お電話(047-380-5677)にてご予約ください。



健康保険組合(各種健診・人間ドック)、浦安市 市川市の健診 インターネット予約はこちら
日帰り人間ドック インターネットお申し込み
各種健康診断 人間ドック
予防接種
よくあるご質問

大きな地図で見る
千葉県浦安市北栄1-16-17 原勝ビル4階
>>当クリニックまでの道順はこちら

Doctor's Fileに当院のドクターが紹介されました

「頼れるドクター 墨田・江東・江戸川・市川・浦安 2016-2017版」にて当院院長が紹介されました。

ページの先頭へ戻る