浦安サンクリニックTOP > 診療科案内 > 美容皮膚科 > 内服薬(にきび治療)
美容皮膚科

内服薬(にきび治療)

塗り薬と併用して治療の相乗効果を

トレチノインを疾患部に塗布しながら、以下の内服薬を併用することで相乗効果を発揮します。
塗り薬により皮膚の外側から、飲み薬により皮膚の内側からにきびを改善するイメージです。

内服薬(にきび治療)について

種類

ピドキサール
(ビタミンB6)
タンパク質、アミノ酸の代謝を調節し皮膚および粘膜の状態を健康に保つのに必須のビタミンです。
ハイボン
(ビタミンB2)
糖分、脂質、タンパク質の代謝を調節し皮膚および粘膜の状態を健康に保つのに必須のビタミンです。
抗生物質
(クラリスなど)
ニキビの炎症状態が強く、脂が化膿してニキビ周囲の皮膚が赤みを帯びて、痛みを伴っているような状態で使用します。

料金のご案内

内服薬(にきび治療) ・ピドキサール(ビタミンB6)
1ヶ月 ¥1,400~
・ハイボン(ビタミンB2) 1ヶ月 ¥1,400~ 
・抗生物質(クラリスなど) 保険適用
美容皮膚科」のページへ

美容皮膚科の診療メニュー

よくあるご質問

 


大きな地図で見る
千葉県浦安市北栄1-16-17 原勝ビル4階
>>当クリニックまでの道順はこちら
ページの先頭へ戻る