浦安サンクリニックTOP > 診療科案内 >> 整形外科 > 腰痛:急性腰椎症(ギックリ腰)、腰椎椎間板ヘルニア
整形外科

腰痛

腰痛にはさまざまな種類・原因があります。
腰(脊柱)由来である場合、腰以外が要因である場合がありますので、必要に応じて画像診断等の検査を実施し、正確な診断を行っております。
その一方で、検査結果では異常が見られないものの「痛み」でお困りの患者様が多くいらっしゃいます。
当科では、「痛み」と闘う患者様の日々の生活の質(QOL: quality of life)を向上させることを
目的に、「痛みを和らげるための治療」を重点的に取り組んでおります。

腰痛の診断手順

・ 腰痛の原因を検査(※1)によって、特定します。
・ 腰痛の原因が下記のような疾患である場合には、主に浮腰式運動療法(※2による保存療法を行います。
・ 痛みなどの症状が強い場合は神経ブロック注射を併用します。

疾患例

腰痛の原因特定のための検査 (※1)

X線レントゲン検査 骨がつぶれているかどうかの診断
骨がずれているかどうかの診断
骨が湾曲しているかどうかの診断
加齢による骨の変形についての診断
椎間板の厚みの減少についての診断
骨の腫瘍の有無についての診断
MRI検査 筋肉や靭帯、骨の形態の診断
脊柱管や椎間板ヘルニアなどによる神経の圧迫の有無についての診断
手術を適用する必要があるかどうかの診断
血液検査・尿検査 骨粗鬆症の診断(血液中カルシウム濃度)
尿路結石症・胆石症・膵臓炎など腰以外が要因であるかどうかの診断

腰痛に見られる症状と疑わしい病気

腰椎椎間板ヘルニア
症状 片方の強い下肢痛(坐骨神経痛)
片方のしびれ(坐骨神経痛)
つまずき易くなる(下肢の筋力低下)
足に力が入りにくくなる(下肢の筋力低下)
背骨が横に曲がる(疼痛性側湾)
重いものを持つと痛みが強くなる
足の親指や足首を上に挙げることが困難になる
疑わしい病気 椎間板ヘルニア
原因 椎間板の中にある「髄核」が椎間板の後ろにある「脊柱管」という神経のほうに飛び出し、
ヘルニアが炎症を起こし、神経を圧迫していることで症状を引き起こす。
腰を前屈させることで症状が悪化する。
診断方法 膝を伸ばした状態で下肢が何度上がるかの診断(SLRテスト)
しびれの範囲・下肢の筋力の診断
画像診断(X線レントゲン検査・MRI検査・CT検査)
治療法 ・ 消炎鎮痛剤などの薬物治療(ヘルニアの炎症の抑制)
・ 筋弛炎薬(筋肉のコリをとる)の薬物療法
・ ビタミンB12製剤などの薬物療法(抹消神経の栄養剤)
・ コルセット装具による安静治療
・ リハビリ治療(牽引療法・電気療法・温熱療法・マッサージ等)
・ 痛みが強い場合 ブロック療法
・ 症状が強い場合や保存療法が無効な場合 手術療法
腰部脊椎管狭窄症
症状 間欠性跛行
(5分、10分歩くと、足にしびれや痛み、脱力感などが出現し、歩行を中断しなくてはならない。
立ち止まってしばらく休むと再び歩行が可能となり、歩くとまた症状を繰り返す状態)
両下肢の痛み(坐骨神経痛)
下肢のしびれ感(坐骨神経痛)
腰やお尻の周囲の痛み
膀胱直腸障害(排尿・排便時の障害)
疑わしい病気 腰部脊椎管狭窄症
原因 加齢により、背骨が変形したり、椎間板が膨らんだり、黄色靭帯が肥厚することで
神経の通る脊柱管を狭くし(狭窄)、神経や神経の血流を阻害し、症状を引き起こす。
腰を後屈することで症状が悪化する。
中心型狭窄(脊柱管の中心で圧迫)
外側型狭窄(馬尾神経から分岐した後の神経根の圧迫)
診断方法 間欠性跛行の有無の診断
痛くなるまでに歩ける距離や時間の診断
腰を反らすと症状が悪化するかどうかの診断
症状の出方や出ている部位の診断
筋力低下や知覚障害の有無の診断
画像診断(X線レントゲン検査・CT検査・MRI検査)
治療法 ・ 消炎鎮痛剤などの薬物治療
・ 血管拡張薬などの薬物療法(神経周囲の血流障害の改善)
・ 筋弛炎薬(筋肉のコリをとる)の薬物療法
・ ビタミンB12製剤などの薬物療法(抹消神経の栄養剤)
・ コルセット装具による安静治療
・ リハビリ治療(牽引療法・電気療法・温熱療法・マッサージ等)
・ 痛みが強い場合: ブロック療法
・ 保存療法が無効な場合や症状の強い場合: 手術療法

腰痛に効果的な浮腰式運動療法 (※2)

浮腰式(ふようしき)運動療法とは、約10分間腰を浮かせた状態でモビライゼーション(障害により減少した関節・靭帯・筋肉の可動域をストレッチ等の補助的な動きの再生で正常に戻す治療法)を行う治療です。

従来の牽引治療のような無理に引っ張ることのない安全な腰痛療法です。

モビライゼーションストレッチの効果

1. 血流量が増加し、皮膚温度上昇をもたらし、筋肉疲労を回復させる
2. 血流量の促進により、発痛・疼痛物質の生成を抑制し、筋肉痛を緩和する
3. 筋緊張緩和が筋電図上で確認できる
4. 可動域(柔軟性)に著名な改善が見られる
5. 筋紡錘(きんぼうすい)の各筋肉に作用する反応を促し、筋断裂を防止する

痛みを伴うことなく、腰部の筋肉を万遍なくストレッチし、椎間板内圧を下げることができます。
また、下半身の重みによって、各部の筋肉緊張がとれ、血流が促進されます。

その他、腰痛に効果的な物理療法については、リハビリ科 「当クリニックの物理療法について」 をご覧ください。

腰椎椎間板ヘルニア (30代男性)

症状

激しい腰痛と足のしびれを訴え、杖を使用しなければ歩行が困難だった。

治療の内容・効果

「プロテック」による治療を開始。 約半月で痛みが軽減し、杖は不要となった。
1ヶ月半で足のしびれが消失した。

腰部脊柱管狭窄症 (70代男性)

症状

激しい腰~下肢の痛みとしびれを訴え、間欠性跛行を認めた。

治療の内容・効果

「プロテック」による治療を開始。 徐々に効果が現れ歩行が楽になり、約半年の治療で痛みとしびれが消失した。

お知らせ
  • ご来院時には、必ず保険証をお持ち下さい。
  • 当クリニックでは、お客様からお預かりした個人情報を、お客様の同意なしに第三者に売却・貸与する事は一切ございません。また、お客様からお預かりした個人情報が第三者に流出する事のないよう最大限の予防策を取り、厳重保持に努めております。


診療申込書ダウンロード
初診の方、または3年以上ご来院のない患者様へ

こちらの診療申込書をダウンロード後に印刷・ご記入のうえ、ご来院時にご持参くださいますと、受付時間が短縮されスムーズにご案内ができます。どうぞご利用くださいませ。

整形外科診療申込書 ダウンロードはこちら

整形外科」のページへ 膝痛」のページへ
健康保険組合(各種健診・人間ドック)、浦安市 市川市の健診 インターネット予約はこちら
日帰り人間ドック インターネットお申し込み
各種健康診断 人間ドック
予防接種
よくあるご質問

大きな地図で見る
千葉県浦安市北栄1-16-17 原勝ビル4階
>>当クリニックまでの道順はこちら

Doctor's Fileに当院のドクターが紹介されました

「頼れるドクター 墨田・江東・江戸川・市川・浦安 2016-2017版」にて当院院長が紹介されました。

ページの先頭へ戻る